作用と副作用について

サメの軟骨には「毛細血管を新しく作る機能」を一時的に抑えるという効果があるとされています。

血管新生と言われる毛細血管を新しく作る機能を抑えることは、ガンの場合には進行を抑える効果があり、手術後などは体を治す為の機能を抑えることになるので効果的ではありません。
と、場合によっては「効果(作用)」場合によっては「副作用」になります。

なぜガンの進行を遅らせるのか
血管新生とは毛細血管を新しく作る機能のことなのですが癌の場合、癌細胞が自分に栄養が来るように新しい血管を作っていきます。
そのために血管新生抑制作用を抑えることで癌細胞への栄養供給を減らし増殖を抑える効果があるとされています。

血管新生抑制作用は手術後の傷を回復するのに活躍する大事な現象です。
また、血管新生抑制作用を抑えてしまうと胎児の発育を邪魔してしまう危険性がありますので、食事に気をつけるようにしましょう。

以上、この他の副作用があるかと言われればないに等しいです。
とはいってもサプリメントの飲み過ぎは良くないので用法用量は守ってくださいね!