深海鮫生肝油

よく聞くけど深海鮫生肝油ってなに?って方は多いのではないでしょうか?

中国では昔から漢方の一種だとされてきた深海鮫肝油ですが一般的に世間に知られるようになったのは100年ほど前からなのです
そんな深海鮫肝油にはスクワレン・アルキルグリセロール・オメガ3脂肪酸・スクアラミンなどが含まれています!

スクワレン

健康や美容にいい潤滑性に優れた無色の液体で、クリームであったり皮膚の保湿剤などの材料に使われています

アルキルグリセロール

リンパ球数を増大させたり感染に対しての防御反応を早くさせたるします。
免疫力が落ちている時や風を引きかけている時に摂取すると良いでしょう

オメガ3脂肪酸

人間が体内で合成することのできない成分です。
イワシや鯖などの青魚にも含まれているのですが、摂取することで美肌効果やダイエット効果が期待できるんですよ!
悪玉コレステロール値を下げてくれたり中性脂肪の低下作用もあったり、ダイエットにも効果的な成分なのです。
女性には嬉しい効果ですね!

スクアラミン

アイザメの肝臓に含まれる抗生物質で、血管新生抑制作用や殺菌作用、抗癌作用があるとされています。

光の届かない酸素も薄い深海で育った鮫の体は大部分が脂質だと言われています。
この脂質に含まれている成分だからこそ!人間にもいいんですね!